「車」の検索結果

検索キーワード
  • 67 件中 1 - 10 件目の10件を表示しています。

1. の覆るは後の戒め - 故事ことわざ辞典
の覆るは後の戒めの意味・英語表現・由来・類義語・対義語・例文・出典を解説。故事ことわざ検索ホーム > 「せ」から始まる句 >前の覆るは後の戒め【読み】ぜんしゃのくつがえるはこうしゃのいましめ【意味
http://kotowaza-allguide.com/se/zensyanokutsugaeru.html
2. 馬に乗るとも口に乗るな - 故事ことわざ辞典
に乗るなの意味・英語表現・由来・類義語・対義語・例文・出典を解説。故事ことわざ検索ホーム > 「う」から始まる句 >馬に乗るとも口に乗るな【読み】うまにのるともくちぐるまにのるな【意味】馬に乗るとも口
http://kotowaza-allguide.com/u/umaninorutomokuchiguruma.html
3. のことわざ - 故事ことわざ辞典
」を含むことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語の一覧。故事ことわざ検索ホーム > キーワード索引 > 「く」から始まるキーワード >【読み】くるま,しゃ【含むワード】†【関連ワード】口(くちぐるま)【カテ
http://kotowaza-allguide.com/keyword/ku/kuruma.html
4. のことわざ - 故事ことわざ辞典
」を含むことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語の一覧。故事ことわざ検索ホーム > キーワード索引 > 「く」から始まるキーワード >口【読み】くちぐるま【含むワード】†【関連ワード】口(くち)/(くるま)
http://kotowaza-allguide.com/keyword/ku/kuchiguruma.html
5. 覆轍 - 故事ことわざ辞典
スポンサーリンク【覆轍の解説】【注釈】先を進むが転覆するのを見たら、後から行くはそれを見て同じことにならないよう用心できるという意味から。『漢書・賈誼伝』にある、前漢の賈誼が文帝に上奏した文で引
http://kotowaza-allguide.com/hu/fukutetsu.html
6. 轍を踏む - 故事ことわざ辞典
スポンサーリンク【轍を踏むの解説】【注釈】「轍」は「わだち」のことで、通り過ぎた輪の跡の意。転倒した前ののわだちをたどって、同じように転倒することから。【出典】†【注意】†【類義】前の覆るは後
http://kotowaza-allguide.com/te/tetsuwofumu.html
7. 殷鑑遠からず - 故事ことわざ辞典
【出典】『詩経』【注意】†【類義】後の戒め/上手は下手の手本、下手は上手の手本/前の覆るは後の戒め/他山の石/他山の石以て玉を攻むべし/人こそ人の鏡/人の上見て我が身を思え/人の振り見て我が振り
http://kotowaza-allguide.com/i/inkantookarazu.html
8. 蟷螂の斧 - 故事ことわざ辞典
を廻らして之を避く。(斉の荘公が狩りに行ったときにカマカリが前足を振り上げの輪を打とうとした。荘公が「これは何の虫だ」と問うと、「カマキリという虫で、進むことしか知らず、退くことを知りません。自分
http://kotowaza-allguide.com/to/tourounoono.html
9. 軌を一にする - 故事ことわざ辞典
スポンサーリンク【軌を一にするの解説】【注釈】「軌」は、輪の跡、わだち、の輪と輪の間隔の意。輪の通った後を同じにするの意から、同じ轍(わだち)をたどるということ。法律や制度を統一することから転じ
http://kotowaza-allguide.com/ki/kiwoitsunisuru.html
10. 六馬和せざれば造父も以て遠きを致す能わず - 故事ことわざ辞典
を引く馬のこと。「造父」とは、すぐれた御者で、周繆王に仕えていた。を引く六頭の馬の気持ちがうまく合っていなければ、すぐれた御者の造父であっても、遠くまで馬を走らせることは不可能であることから。思
http://kotowaza-allguide.com/ri/rikubawasezareba.html

1 2 3 4 5 6 7 次へ>>