「李」の検索結果

検索キーワード
  • 37 件中 1 - 10 件目の10件を表示しています。

1. スモモ・のことわざ - 故事ことわざ辞典
」を含むことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語の一覧。故事ことわざ検索ホーム > キーワード索引 > 「す」から始まるキーワード >【読み】すもも,り【含むワード】†【関連ワード】†【カテゴリ】植物「スモモ
http://kotowaza-allguide.com/keyword/su/sumomo.html
2. 下に冠を正さず - 故事ことわざ辞典
下に冠を正さずの意味・英語表現・由来・類義語・対義語・用例・出典を解説。故事ことわざ検索ホーム > 「り」から始まる句 >下に冠を正さず【読み】りかにかんむりをたださず【意味】下に冠を正さずとは、誤
http://kotowaza-allguide.com/ri/rikanikanmuri.html
3. 瓜田下 - 故事ことわざ辞典
下の意味・英語表現・由来・類義語・対義語・用例・出典を解説。故事ことわざ検索ホーム > 「か」から始まる句 >瓜田下【読み】かでんりか【意味】瓜田下とは、人に疑いをかけられるような言動は慎むべきであ
http://kotowaza-allguide.com/ka/kadenrika.html
4. 瓜田に履を納れず - 故事ことわざ辞典
『文選・古楽府・君子行』に「君子は未然を防ぎ、嫌疑の間に処らず、瓜田に履を納れず、下に冠を正さず(すぐれた人は事件が起こる前にそれを予防し、あらぬ疑いを抱かれるような立場に身を置かない、瓜畑では靴を
http://kotowaza-allguide.com/ka/kadennikutsu.html
5. 関わらない - 故事ことわざ辞典
下(かでんりか)対岸の火事(たいがんのかじ)高みの見物(たかみのけんぶつ)風する馬牛も相及ばず(ふうするばぎゅうもあいおよばず)風馬牛(ふうばぎゅう)下に冠を正さず(りかにかんむりをたださず)50音
http://kotowaza-allguide.com/category/07/17.html
6. 人後に落ちない - 故事ことわざ辞典
白の詩『夜郎に流され辛判官に贈る』にある「気岸遥かに凌ぐ豪士の前、風流あえて落ちんや他人の後に(盛んな心意気は豪傑を遥かに凌ぎ、風流さは人後に落ちなかった)」とあるのに基づく。「人後に落つ」は、他人
http://kotowaza-allguide.com/si/jingoniochinai.html
7. 白髪三千丈 - 故事ことわざ辞典
白の詩『秋浦の歌』に「白髪三千丈、愁えに縁りて箇の似く長し(我が白髪は三千丈。愁いのためにこのように長くなってしまった)」とあるのに基づく。【出典】†【注意】白・詩『秋浦の歌』【類義】†【対義】†
http://kotowaza-allguide.com/ha/hakuhatsusanzenjyou.html
8. 石に立つ矢 - 故事ことわざ辞典
【石に立つ矢の解説】【注釈】『韓詩外伝』の楚の熊渠子や、『史記(広伝)』の広という勇将が、大石を見誤って虎だと思って弓を射ったところ、立つはずのない矢が石に突き刺さったという故事から。【出典】『韓
http://kotowaza-allguide.com/i/ishinitatsuya.html
9. 下のことわざ - 故事ことわざ辞典
下(かでんりか)天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず(てんはひとのうえにひとをつくらず、ひとのしたにひとをつくらず)柳の下にいつも泥鰌はいない
http://kotowaza-allguide.com/keyword/si/shita.html
10. 慎重 - 故事ことわざ辞典
下(かでんりか)君子危うきに近寄らず(くんしあやうきにちかよらず)転ばぬ先の杖(ころばぬさきのつえ)三遍回って煙草にしょ(さんべんまわってたばこにしょ)将を射んと欲すれば先ず馬を射よ(しょうをいんと
http://kotowaza-allguide.com/category/06/10.html

1 2 3 4 次へ>>