「二の足を踏む」の検索結果

検索キーワード
  • 12 件中 1 - 10 件目の10件を表示しています。

1. 二の足を踏む - 故事ことわざ辞典
二の足を踏むの意味・英語表現・由来・類義語・対義語・例文・出典を解説。故事ことわざ検索ホーム > 「に」から始まる句 >二の足を踏む【読み】にのあしをふむ【意味】二の足を踏むとは、決心がつかずためらう、尻
http://kotowaza-allguide.com/ni/ninoashiwofumu.html
2. 臆病 - 故事ことわざ辞典
二の足を踏む(にのあしをふむ)負け犬の遠吠え(まけいぬのとおぼえ)50音インデックスあいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむめもやゆよらりるれろわ週間ランキング故事ことわざ検索
http://kotowaza-allguide.com/category/06/15.html
3. 迷う - 故事ことわざ辞典
二の足を踏む(にのあしをふむ)河豚は食いたし命は惜しし(ふぐはくいたしいのちはおしし)亡羊の嘆(ぼうようのたん)50音インデックスあいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむめもや
http://kotowaza-allguide.com/category/07/14.html
4. 踏む・履むのことわざ - 故事ことわざ辞典
二の足を踏む(にのあしをふむ)薄氷を履むが如し(はくひょうをふむがごとし)踏んだり蹴ったり(ふんだりけったり)キーワード索引50音あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむめもや
http://kotowaza-allguide.com/keyword/hu/fumu.html
5. 二の舞を演じる - 故事ことわざ辞典
【出典】†【注意】「二の足を踏む」と混同して「二の舞を踏む」というのは本来は間違いであるが、一般化し過ぎたため、現在では誤用として扱うことを間違いとするものもある。「二の舞を繰り返す」というのは誤り。
http://kotowaza-allguide.com/ni/ninomaiwoenjiru.html
6. 足・脚・肢のことわざ - 故事ことわざ辞典
二の足を踏む(にのあしをふむ)馬脚を現す(ばきゃくをあらわす)蛇に足無し魚に耳無し(へびにあしなしうおにみみなし)蛇の足より人の足見よ(へびのあしよりひとのあしみよ)蛇を画きて足を添う(へびをえがきて
http://kotowaza-allguide.com/keyword/a/ashi.html
7. 二のことわざ - 故事ことわざ辞典
二の足を踏む(にのあしをふむ)二の句が継げない(にのくがつげない)二の舞を演じる(にのまいをえんじる)人を呪わば穴二つ(ひとをのろわばあなふたつ)武士に二言はない(ぶしににごんはない)欲と二人連れ(よ
http://kotowaza-allguide.com/keyword/ni/ni.html
8. 「に」から始まる句の一覧 - 故事ことわざ辞典
二の足を踏む(にのあしをふむ)二の句が継げない(にのくがつげない)二の舞を演じる(にのまいをえんじる)女房と畳は新しい方が良い(にょうぼうとたたみはあたらしいほうがよい)女房の妬くほど亭主もてもせず(
http://kotowaza-allguide.com/ni/index.html
9. 行動・動作 - 故事ことわざ辞典
二の足を踏む(にのあしをふむ)二の舞を演じる(にのまいをえんじる)糠に釘(ぬかにくぎ)濡れぬ先の傘(ぬれぬさきのかさ)寝た子を起こす(ねたこをおこす)暖簾に腕押し(のれんにうでおし)張り子の虎(はりこ
http://kotowaza-allguide.com/category/07/index2.html
10. 人体・部位のことわざ - 故事ことわざ辞典
二の足を踏む(にのあしをふむ)濡れ手で粟(ぬれてであわ)猫の首に鈴をつける(ねこのくびにすずをつける)猫の手も借りたい(ねこのてもかりたい)猫の額(ねこのひたい)猫の目(ねこのめ)寝耳に水(ねみみにみ
http://kotowaza-allguide.com/keyword/body/index3.html

1 2 次へ>>