「初心忘るべからず」の検索結果

検索キーワード
  • 9 件中 1 - 9 件目の9件を表示しています。

1. 初心忘るべからず - 故事ことわざ辞典
初心忘るべからずの意味・英語表現・由来・類義語・対義語・例文・出典を解説。故事ことわざ検索ホーム > 「し」から始まる句 >初心忘るべからず【読み】しょしんわするべからず【意味】初心忘るべからずとは、何事
http://kotowaza-allguide.com/si/syoshinwasurubekarazu.html
2. 初心のことわざ - 故事ことわざ辞典
初心忘るべからず(しょしんわするべからず)キーワード索引50音あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむめもやゆよらりるれろわ週間ランキング故事ことわざ検索月間ランキング▲ ペー
http://kotowaza-allguide.com/keyword/si/syoshin.html
3. 最初 - 故事ことわざ辞典
初心忘るべからず(しょしんわするべからず)千里の道も一歩から(せんりのみちもいっぽから)本木に勝る末木なし(もときにまさるうらきなし)濫觴(らんしょう)【関連リンク】「最初」の雑学一覧50音インデックス
http://kotowaza-allguide.com/category/09/44.html
4. べからずのことわざ - 故事ことわざ辞典
初心忘るべからず(しょしんわするべからず)民は之に由らしむべし、之を知らしむべからず(たみはこれによらしむべし、これをしらしむべからず)キーワード索引50音あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬ
http://kotowaza-allguide.com/keyword/he/bekarazu.html
5. 忘れるのことわざ - 故事ことわざ辞典
初心忘るべからず(しょしんわするべからず)雀百まで踊り忘れず(すずめひゃくまでおどりわすれず)治に居て乱を忘れず(ちにいてらんをわすれず)天災は忘れた頃にやってくる(てんさいはわすれたころにやってくる
http://kotowaza-allguide.com/keyword/wa/wasureru.html
6. 状態・程度 - 故事ことわざ辞典
初心忘るべからず(しょしんわするべからず)人口に膾炙する(じんこうにかいしゃする)人生朝露の如し(じんせいちょうろのごとし)雀百まで踊り忘れず(すずめひゃくまでおどりわすれず)脛に傷持つ(すねにきずも
http://kotowaza-allguide.com/category/09/index4.html
7. 「し」から始まる句の一覧 - 故事ことわざ辞典
初心忘るべからず(しょしんわするべからず)白河夜船(しらかわよふね)知らぬ顔の半兵衛(しらぬかおのはんべえ)知らぬが仏(しらぬがほとけ)知らぬ神に祟りなし(しらぬかみにたたりなし) ⇒ 触らぬ神に祟りな
http://kotowaza-allguide.com/si/index2.html
8. 人生・社会 - 故事ことわざ辞典
初心忘るべからず(しょしんわするべからず)白羽の矢が立つ(しらはのやがたつ)人事を尽くして天命を待つ(じんじをつくしててんめいをまつ)人生朝露の如し(じんせいちょうろのごとし)死んで花実が咲くものか(
http://kotowaza-allguide.com/category/02/index5.html
9. 処世 - 故事ことわざ辞典
初心忘るべからず(しょしんわするべからず)前車の覆るは後車の戒め(ぜんしゃのくつがえるはこうしゃのいましめ)損して得取れ(そんしてとくとれ)大事の前の小事(だいじのまえのしょうじ)他山の石(たざんのい
http://kotowaza-allguide.com/category/02/08.html